新規防犯カメラ設置だけではなく防犯カメラの修理や悩み相談にも承りますのでお気軽にご相談ください。

防犯カメラのMK Security Service > 導入について > 防犯カメラの種類

導入に使われる防犯カメラの種類

ボックス型カメラ
ボックス型カメラ 標準型防犯カメラ。
レンズの大きさを豊富で、監視対象の望遠、広角が自由に選べる。
あらゆる場所での取り付けに向くカメラ。
このままの状態では屋内設置に限られるがハウジングに収納することによって屋外設置が可能になる。
ドーム型カメラ
ドーム型カメラ デザイン性が高く、ドームカバーが付いているので汚れにくく、耐衝撃性がある。
威嚇性には劣るが飲食店等監視には向かない店舗に向くカメラ。
スピードドームカメラ
スピードドームカメラ 通常のカメラでは監視しづらいカメラ設置場所から離れた監視場所をジョイスティックを使用しズームアップで旋回して見ることができる。駐車場など広い範囲を監視できるカメラ。
屋外用赤外線カメラ
屋外用赤外線カメラ 暗い場所でも、赤外線で被写体を照らして、照明代わりとして赤外線で撮影することが可能で照度の低い監視場所を監視できるカメラ。
ほとんどのタイプは屋外使用となっている。
ネットワークカメラ
ネットワークカメラ 防犯カメラ自体にネットワーク機能を持ちインターネットで遠隔監視カメラの方向画角を自由に操作できる携帯からも静止画を管理できるカメラ。
擬似型カメラ
擬似型カメラ 目立たないデザイン、関係者以外には防犯カメラということを判断しづらいカメラ。
防犯カメラ設置事例

このページのトップへ